女性のための薄毛対策室

女性のための薄毛対策!

現在では、薄毛や抜け毛に悩む女性が増えています。

以前は、育毛といえば男性のものでしたが、専門家に相談する人の割合は、女性の数が逆転するほどになっています。
女性の命でもある髪が抜けてしまうことに、心を痛めている女性は、意外に多いのです。

この女性の髪の悩みを軽減するために、ここでは女性のための薄毛予防、発毛促進をガイドしています。
ぜひ参考に!

薄毛と抜け毛で透ける地肌

お風呂の排水口に溜まった髪、ブラシに絡みついた髪、どれも嫌ですね。
女性にとって、大切な髪の毛が失われる悲しみは深刻です。

「薄毛や脱毛は男性のもの」と思いがちですが、実際は脱毛症になる男女の割合は変わりません。

また、「地肌が透けて見える」と人から指摘されて、初めて薄毛に気付く女性が多くいます。
ハリやコシがなくなると、髪のセットが決まらず、実年齢以上に老けて見られてしまいます。

女性の薄毛には効果が出やすい傾向

薄毛の特徴は、男女によって違います。
女性の髪は、頭頂部を中心に薄くなっていきます。

また、男性と女性では、頭皮の環境や薄毛の原因が違うため、その対策も異なってきます。
女性は適切なケアをすることにより、男性よりも効果が出る場合が多く、年齢を重ねた女性の方がより効果が得られやすい、というデータもあります。

女性の髪の毛は痩せる

女性の髪は年齢を重ねると、細くなる傾向にあります。
日本人女性の髪の総本数は、平均約10万本。

仮に本数が変わらなかったとしても、髪が痩せて約3割細くなれば、地肌は1/4ほど透けて見えてしまいます。
また、これは髪が抜け落ちて本数が減る男性の薄毛とは、大きく異なる特徴でもあります。

頭皮環境と老化

男性と女性では、薄げになる原因が異なります。
特にホルモンの影響、皮脂の量、頭皮環境が異なります。

女性は男性よりも皮脂の量が少ないため、乾燥しやすくなっています。
そのため、皮脂を取り除くケアを行っていると、思わぬ結果を招くことに・・・。

また、夏の強い紫外線を浴びたり、年齢を重ねることにより、頭皮は弾力を失います。
頭皮が硬くなると、血行が悪くなり、髪に必要な栄養が十分に行き届きません。
その結果、髪の毛が痩せ細り、ハリやコシが失われ、全体的にボリュームダウンしてしまいます。

間違ったケアは育毛の大敵

女性の頭皮環境を無視したケアや自己流の思い込みケアは、逆に髪に負担をかけてしまう可能性があります。
髪の毛は、引っ張られることに弱いため、毎日同じ位置で結んだり、硬いブラシを使ってブラッシングをしていると、ダメージを与えてしまいます。

また、不規則な食生活、過度のダイエットも髪の栄養不足の原因に。
血行を良くするために、薄い部分をブラシで叩くことも逆効果。

女性の頭皮ケアは、頭皮を清潔に保ち、頭皮環境に合わせた保湿が大切。
適切な育毛ケアが薄毛予防への近道なのです。